柿の木とミョウガ

今日、園芸関係のお仕事をされている大先輩と飲み、草木、花についていろいろと教えて頂きました。

実は館山の家の庭に大きな柿の木があり、その脚元にミョウガが沢山植わっているのですが、こうすると、柿の実が落ちにくくなる一方、ミョウガは実のつきが良くなるんだと。Webで調べてみると確かにそういう事が沢山書かれていました。コンパニオンプランツ(共栄作物)効果と言うらしいです。こうした知恵、昔の人は経験で知り、それが代々受け継がれてきたんだと思いますが、今の時代、すっかり断絶してしまってますね。庭の木々の配置にもそれぞれに意味がある事を知り、むやみに処分したりできないなぁと感じました。一度地元の専門の方に来てもらって庭の木々の整理について相談しようと思います。

写真はちょっと見ずらいですが、柿の木の下に紫陽花、そしてミョウガです。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中