古材を使った炭火焼用テーブル

先日、知り合いの方から家を解体した際に出た古材を分けてもらいました。

長さも厚さも違うのでノコギリで長さを揃え、厚さは家にある端材で丁度良いのを探し調整して裏打ち。

そこに先日解体して不要になったベンチの脚を有効利用して固定。

脚はプラスチックぽさを消すために黒のペンキで塗装。

出来上がり。

敢えて表面はそのまま

テーブルにしては高さが低いと家内から指摘がありましたが。七輪を載せ囲むように座ることを想定しているのでこれくらいで良いかと。

早く使ってみたい。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中