冬の間に雑木の剪定

家の周りの雑木はそのままにしておくとあっという間に一人では手に負えないほど高く茂ってしまうので年に一度は剪定するようにしています。

作業は葉が落ち、乾燥していて扱いやすく、かつ、虫もいない冬。

今日は午前中は空高く伸びる竹を切って集め、目の前の田んぼに積み上げるところまで。

裏山の竹。放っておくと家に倒れてきます。
薪棚の周りも雑草を刈ります
田んぼのオーナーには冬は使っていいよと言ってもらっています。しばらく放置して燃やします

午後は木の剪定。1日では終わりませんが取り敢えず5、6本。

梅の花が咲いていました。

切った枝は太い部分と葉のついた小枝に分け、太い方は1年乾燥させて薪にします。

今日はここまで。まだまだですが、少しだけすっきりしました。作業前の写真がないのでどれだけ切ったか分かりませんね。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中