エッジ張替え2作目

ヤフオクで15000円程で購入したジャンク品スピーカーOnkyo D-77XG。

ウーハーのエッジが乾燥してボロボロ。真ん中のコーンも凹んでいます。

自分はこのシリーズの一つ手前のD-77XDのセットを持っていてとても気に入っています。実家から持ってきてエッジを張替え使っているのですが、先日、右のスコーカーから音が出ていないことに気付き、Onkyoに連絡したところ、スピーカーユニットの修理は2021年4月で終了したとのこと。修理はヤフオクでスコーカーが売りに出るのを待って自分ですることにして、取り敢えず、代替機として、ツィーターとスコーカーがXDより僅かに改良されているこのXGがオークションに出ていたので落札してみました。この手のジャンク品は手間は掛かるもののエッジを張替え、コーンを引っ張り上げれば綺麗には戻らなくても音には影響がほとんど無く、ちゃんと鳴るはずです。中のネットワークがイカれていればまた面倒ですが、そこはジャンク品としてのリスクと安さのバランス。

さて、作業。先ずはボロボロになったエッジを手で丁寧に剥がし、コーンを掃除機の先にネットを付けた状態で慎重に吸い上げます。

次にエッジを押さえている周りのゴムリングを剥がします。

付着している古い接着剤などはなるべく丁寧に剥がし綺麗にした状態で2枚1500円で買ったウレタンエッジを貼る作業へ。接着剤はオーディオ専門店推薦の速乾性ではないセメダイン スーパーXクリアを使用。途中、作業に集中し、写真を撮るのを忘れてしまいましたが、多少セメダインがはみ出している箇所があるものの無事完了。

真ん中のコーンに凹みが残っていますが、音的には問題ありません。

翌朝の元旦の朝、コードを繋いでCDをかけてみると、修理成功でした!中低音の繊細な響きと伸び、重低音の鳴り。実にいい音です。

真ん中の2台が今回修理したもの(XG)ですがこの後、両端の2台(XD)と置き換えて使用し、XDはパーツとしてのスコーカーが売りに出るのを待ちます。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中